2017-08-05 (Sat)
愛の経綸
b_simple_124_4M.png

宇宙の理想響
創造主との対話
                              2017年8月4日

琴音よ
こたびは そなたとの 新たなる経綸を進めることとなり
わたしも 大きく未来への希望を抱いておるのぞ
そは 太初より定められておる 大切な最終章の調べなのである
みな みなと共に 愛の光を高め合い
テラへ 宇宙へと その光を放ってゆこうではないか


――何やら 尊きお言葉にございます
しかしながら 私の魂に刻まれしお役目とあらば
大神さまのみ心に叶うよう 邁進させていただきたく存じます
何卒 お導きくださいますように


ふむ わかりてくれたか
安心ぞ
さて 私は太初の昔に まず 私のおもいを実現する場として
地球という惑星(ほし)を創ったことを前にも述べておるが
いよいよ 準備が整い テラを軸として
宇宙再編の総仕上げに入ることとなるのぞ
テラは 新しい恒久平和の宇宙の軸となる存在なのである


――まあ!テラを軸としてでございますか
それは初めて耳にするように思います


うむ これまで明るみにはしてこなかったのである
私の秘めたる計画がそこにあるのである

宇宙の中にあって 類まれなる美しい自然
多種多様な生命のいとなみが息づくこの惑星(ほし)に
宇宙の理想響を創るのぞ
生命ある万物の憩いの場としてな

この美しい惑星を すべての者たち
地球人類に限らず 宇宙にあるすべての者たちと共に分かち合うのである
そが 地上天国である








シンプルライン1

理想響” という表記についてお伺いいたしました所、

  宇宙は音よりはじまっておる
  はじめに音ありき

  理想的に響き合う惑星(ほし)という意である


とお応えくださいました。
対話の中にございます、

  私は太初の昔に まず 私のおもいを実現する場として
  地球という惑星(ほし)を創ったことを前にも述べておるが

とのお言葉につきましては、
ホームページ、テラ~再生への旅~「記憶の扉」をご参照ください。



〔創造主との対話:琴音〕

シンプルライン1

ご参照
宇宙の理想響―創造主との対話


スポンサーサイト
| 愛の経綸 | ▲ページトップに戻る