FC2ブログ
2017-05-29 (Mon)
ひめみこの詩~うた~ 第二節 天国へのいざないb_simple_15_0M.png

創造主の新たなる采配
   ― 愛の地球テラ…そして宇宙の総仕上げに向けて


こんにちは。
新たに示されました宇宙船の夢と宇宙同胞モーリス・アマンダよりの伝言をお伝えさせていただきます。

2017年5月25日の夢―ひめみこ》

以前、住んでいた町を歩いていました。
空を見上げると、筒状で先は少し細くなっている、旅客機の胴体部分だけのような乗り物が浮いています。
銀色に光り、窓らしき部分からオレンジ色の光が放たれ、全体が心を奪われる程に光り輝いています。
その乗り物は、くるりくるりと上下に回転をしました。

また歩き始めると、知人の女性たちが駅に向かって歩いている所に出会いました。
いつもと身に付けている服装がまるで違い、白、あるいは薄いグレーの厚紙のようなもので出来た長袖のワンピースを着ています。
首元からひざ下まで、継ぎ目も、縫い目もなく、シワひとつなく、円錐形をしています。

すると、上空に大きな濃い茶色のオオワシのような鳥が近づいてきました。
鳥の胸全体に白い格子柄があります。
知人たちは、日ごろ見た事がない大きな鳥が近づいてくるので 「怖い!」 といいながら身をすくめています。
私は「それは鳥ではなく、UFOよ!大丈夫」と伝えていました。
その鳥は右翼を胸に当てるように折り曲げて、私達に挨拶をする仕草をしました。

私の感覚では我が家へ帰っているのですが、現在の住居近くではないようです。
上空には、先ほど出現した筒状の乗り物が浮いていて、また目の前でくるりくるりと上下に回っています。

高いビルの最上階の窓に娘(琴音)がいたので、道路から「写真撮って!撮って!」と声を掛けました。
娘はカメラを構えていてすでに写していた様で、ホッとしました。

光り輝き、ひときわ美しい姿かたちをしたその乗り物は、回転し終わると直角に方向を変えて飛び去って行きました。
夢から醒めた今も、その美しさが心に残っています。




イエロー光ライン


モーリス・アマンダよりの伝言
                             2017年5月25日

我々 宇宙同胞も さまざまな演出をして
地球の皆様の近くで見守っていることをお伝えしたいと考えております
創造主の願われる通りに動かせていただきたいと思っております

ひめみこさんに見せられる夢も
その時々に必要とあらば 進化の過程においての
創造主のおもいのあらわれとしてのこと

鳥の夢も 信じられない方もおありでしょうが
コイリーの事を思い出してくださるなれば
それもあろうかと思っていただけるのではないでしょうか
いずれにせよ
我々は 常に地球を監視し
あらぬ方向へ迷い込む事のなき様
手助けしております





イエロー光ライン

関連の記事
  ▶帰郷の時―宇宙船乗船の夢とメッセージ

◎実在する航空機の姿で現われる宇宙船について
  ▶宇宙からのコンタクト――今、永遠に光り輝く「いのち」の原点へ向かって。

◎宇宙同胞モーリス・アマンダと「宇宙探査ロボット」コイリーからの伝言
  ▶2017年 さらなる宇宙の進化へと向かって
  ▶源の光へ―モーリス・アマンダとコイリーからの伝言
  ▶神の光に抱かれて永遠の命の花を咲かせましょう



スポンサーサイト
| ひめみこの詩~うた~ 第二節 天国へのいざない | ▲ページトップに戻る