2017-05-02 (Tue)
ひめみこの詩~うた~ 第二節 天国へのいざないb_simple_15_0M.png

わたしからの贈り物
創造主のお言葉

わたしの子らよ

大きな分岐点に立っておるこの時
みなの者は 巷の喧騒にやきもきしているのではあるまいか
それは 当然の事と わたしは思う
地上に起きている事象は 今後の行方に大きな意味をもたらす
それは わたしが光の中で照らし出した結果であるからなのだ
冷静に物事を見極める眼と心を養い
そこに引き込まれるのではなく わたしに返すのだ
わたしに返す事が わたしにつながっている者の役目と心得よ

わたしは全人類 天地万物一切を仕切るものである
その わたしが ここにおるのだ

その わたしが 当初の想いを実現したいのだ
どこに不必要なことがあろうか

地上に生を享けし そなた達は
おのれの使命を全うすることが わたしと交わした約束
魂に刻まれし わたしの刻印

さればこそ わたしに想いを馳せたれば
心に思い浮かぶ 感じる 何かに気付くであろう
それを実行してくれ給へ

そなた達は わたしの子 それこそは まぎれもない 真実


                            ―2017年4月24日

信じる

わたしを信じ いつ いかなる時
いつ いかなる事が 起ころうと
それを わたしに返し続けたれば
全てのものを 受け取り わたしのものとして認め
あらたなる旅立ちの要素としての ひらめきを与えよう
気付きを与えよう

疑念を抱くことの多き世にあって 迷いを生じ おのれに固執し
学問の虜(とりこ)になってはおるまいか

常に進化向上 とどまることのない発展を念じているわたしの
新しく送り出す永遠の叡智を
そなた達にも その何万分の一たりと感じて欲しいのだ

古き学問 古き観念
それらを一度 思い切って捨て去ろうではないか
もちろん その中にも永遠のものもあるには違いない
しかし
一度 それらを捨てて 白紙に戻すことが出来れば
その真偽の程がみえてくるであろう

今後 起こるであろう わたしからの贈り物に気付くであろう
さればとて
良くも悪しくも おのれにかかっているのである


                               ―2017年4月28日





シンプルライン1

【関連の記事】
わたしの子らよ―創造主
天国への道標 『テラ~再生への旅~』より
「完成」へと導く天界からのメッセージ 『光り輝く世界の記憶』より
◎祈り◎ 理想世界の実現へ向けて 『光り輝く世界の記憶』より



スポンサーサイト
| ひめみこの詩~うた~ 第二節 天国へのいざない | ▲ページトップに戻る