2017-03-18 (Sat)
最終章のはじまりに向けて
                                 2017年3月18日

創造主のお言葉

さて いよいよ わたしの織りなす仕組みが 佳境に入ろうとしておる
そなた達には わたしの言動を存分にみられるが良い
今の今まで 常に わたしは そなた達の内にあって
わたしの願いである 地上に天国を樹立するという想いを伝えて参った
だが しかし どれ程の人間が わたしの言葉に耳を傾けてくれたであろう
わたしとしては そこが何より気掛かりである
もう 待てぬのだよ
最終章に入る時が参った

あきらかに わたしに帰依する者と そうでない者がみえておる
神なしの生き方を 何とか 打ちくだこうと努めて参った
わたしの切なる願いが 今だ届かぬところがある

わたしは 待ちに待ったが そろそろ腰を上げねばならぬ
みなの者
わたしの ひた打ち鳴らす警鐘を 最後の最後まで伝えるのじゃ
髪ふり乱して 伝えねばならぬぞ

わたしの造り給いし 宇宙のすべては
わたしの元に帰依することが 当初からの約束である
それ以外に 何があろうか
わかっておったら 即 行動せよ

神のみもとに立ち返ろうぞ
神は ふところを開き 両手を広げ
すべてのものの立ち返りを待っているぞ
とな
良いか




b_simple_58_2M.png


天界の神々よりメッセージ

大神さまは 厳しいお言葉をもって 私どもを 叱咤激励してくだされたのです
このことは どれ程の感謝にございましょう
時に 気力を無くし あきらめにも似た切ないおもいを抱いている私どもを
天界にて 大神さまにお仕えさせてくだされて
いつくしみと 深きまなざし あたたかきその御手をお持ちになられて
お使いくださっておられるのです

このことは 私どもに限らず 地上に生を享けし すべてのものに共通なのです
もともと すべてのものは 天界にて 大神さまのみもとに集い
生かされていたのですから
そして 魂の居場所は 今も天界なのですから

そこは なかなか実感の湧かないところかもしれません
地上にあって 現実を目の当たりにしておりましたら
何か 遠い話 遠い出来事 おのれのことと考えにくいことが現実かもしれません

もはや そうした 迷い 迷い 参りました道を
どの道にゆくか 決めなければならないのです

大神さまのみもとに帰るのか どうなさるのか
私どもを造り 限りなき愛情を注がれて 永遠の命を与えてくださろうと
待ちに待たれておられるみ旨にお応えなさるのか
おのれの胸に 手を当てて 決心し
大神さまの子供として メシヤの御名にあって あなたの元へ帰ります と
誓いを立てるべき 時となったのです
それ以外に 道のないことを知る時となったのです








スポンサーサイト
| 天界メッセージ | ▲ページトップに戻る