2017-01-06 (Fri)
こんにちは。

創造主の使者「コンタクト・スペースシップ」の来訪①

をご紹介させていただくにあたり、大神さまにお伺いしたいことがあり、ご相談させていただきました所、「宇宙同胞にきくが良い」とのお言葉を賜わり、2016年12月24日、"宇宙同胞さん"と呼びかけさせていただきました。
すると、背が高く、オレンジ色の肌、軽いカールのかかったブロンドの髪、ピタリとした銀色のパンツスーツに身を包まれた美しい女性が来られ、「モーリス・アマンダ」と名乗ってくださいました。

そして、

「2017年 さらなる宇宙の進化へと向かって」

にてご挨拶をいただく運びとなりました。

今回は、大神さまのおはからいによってご縁をいただきましたモーリス・アマンダとの対話をご紹介させていただきます。

イエロー光ライン

~モーリス・アマンダとの対話~

―2016年12月26日―

地球の皆さま こんにちは
モーリス・アマンダと申します
アンドロメダを拠点として 宇宙同胞 銀河同盟に所属し活動しております
この度は ひめみこさまに呼ばれて参りましたのでよろしくお願いいたします
もちろん 創造主の采配の内にてになります

現在は 地球上に存在する物体 主に飛行体の存在を使わせていただき
いつ いかなる時にも 我々は宇宙同胞としての地球人の手助けに支障のない様
また 恐怖心をあおらず行動できるか 心を砕いて行動しております

縦横無尽に行動できることが必要と考え ありとあらゆる方向を探っております

銀河同盟に所属している宇宙同胞はおのおの必要な情報の共有
行動が成されますので 創造主の采配の元
ひとつと思っていただければよろしいかと思います


――宇宙同胞の方々は「実在する航空機にそっくりの宇宙船」に乗船しているのですか?

それは 決まっていないのではないでしょうか
どちらにせよ そろそろ人間も目に見えるものだけでなく
波動や次元を越えてコンタクトをとれる時代に向けて細胞が進化してゆく過程に
入っていくのではないかと思われます
次元上昇とは そうした事が自分の内部で起こる 外から起こるのではないわけです
あくまで内在されているものの成長 進化にかかっているわけです
人それぞれ道は違えど
内にある創造主のもとにひとつであることはまぎれもない事実なわけです
我々は その過程において より神に近付くという行程を踏んだわけです
神は100%としたら 我々はその何%を発揮できるか という事ですよね
もちろん 神には成り得ないわけですけれども



―2017年1月6日―

宇宙にあって長い間 眠りについていたテラは
今 目覚めの時を迎え
おおいなる愛の地球(ほし)へと転換を余儀なくされていますね
宇宙を創り給いし 主の大神は
更なる進化に向けて 再び 始動のスイッチを入れられました
太初のご計画を より完全に遂行するために

そのために まずは
テラと共に長い眠りについていた人類を
目覚めさすところから始められたわけですね

我々 宇宙同胞にとっても
それは まさしく 長い間 待ちに待った瞬間の訪れでもあったわけです
何よりも 多くの同胞がテラを訪問していることに
それが 象徴されています

主の大神は 人類を 我が手元に引き寄せたいと
さまざまにお心を砕かれて導いて来られ 今も導いておられます
あたかも 宇宙(そら)から降って来る様なことではなく
あくまで 内なる神の性質が表に現われることを望みとして

それは その様に 生命を創造されたからにほかなりません

生命あるもの全ては 創造のみ旨を吹き込まれております
それは 宇宙全体にあって ひとしく変わりありません
皆 神の御手の中にあるのですから

宇宙同胞を含め 皆様方も
創造のみ旨をたずね それは内なる神にたずねることですが
しかしながら それを 肚に落とすことも含め
なかなか分かりにくいこととも思われます
どの様に?
いつまで?
と 思われるのも当然と言えば 当然のこととも思います

数々の創造主のおことば 多くのメッセージを
その糧となるべく
想像をはるかに超える 絶体的な愛を持って
大神さまは 人類にのぞまれておられます
なにゆえに?
ご自身のお生みになられた ご自身の創造された
かけがえのない宝物だからに他なりません

宇宙同胞の我らにしましたら
そこまで手取り足取りされなければならない程の深い眠りがあるのだろうか
とも思えてしまいますが……

いずれにせよ 我々も
大神さまのご要望に応え
テラと人類のあらたなる目覚めを促すべく協力いたそうというわけです
我々にとりましても
創造の進化にかかわる大事な案件に他ならないのです

宇宙同胞にとっても あらたなる完成に向けての出発を
全力でサポートさせていただきますので
くさらず いやになるなどと ダダをこねることなく
そうした時にこそ 創造のみ旨に立ち返り
共に 創造の源に立ち返ろうではありませんか



飛翔




イエロー光ライン

スポンサーサイト
| 宇宙同胞からの伝言 | ▲ページトップに戻る