2018-01-14 (Sun)
愛の経綸
b_simple_124_4M.png

心ひとつに「新たな宇宙時代」へ前進する時


河童族の長老ハインリッヒ・アレッサンドロフスコエのお話
                             2018年1月12日

地上のみなさま おめでとうございます
私ども 河童族も あらたな幕が上がる年を共に迎えることがゆるされ
大変嬉しく思っております
どうぞよろしくお願い申し上げます

さて 本日は 少々 今 私どもが 大御神さまから託され
取り組ませていただいていることを少しお伝えいたしたいと思います

今 私どもは「愛の宮」の建築に向けて必要な水源を探したり
その水源を確保したり と 私どもの役割を
粛々と取り組ませていただいている次第です
何しろ 大御神さま 鳴り物入りの御計画ですので
御無礼のなきよう 慎重に ことを運ばせていただいている次第です
この様に大切なお役目を仰せつかったことは 大変な光栄でございまして
河童族一同も 喜々として動いている次第です

水に関しましては 私どもがお引き受けした以上
どの様な心配もございませんので どうか御安心くださいますよう
また 何か希望などありますればなんなりと仰せつけてくださいますよう
大御神さまに申し上げているところでございます

この宇宙変遷の 大いなる あらたなプロジェクトに
我々も参加させていただき 何かひとつでもお役に立てることが
とにかく とにかく 嬉しいのでございます
地上にお住まいの多くの方々 宇宙の方々
さまざまな生きとし生けるものの生命の源
水という 神さまからの贈り物 授かり物を 生命と同じように
いとおしみ 大切に 使わせていただけたら こんなに嬉しいことはございません

限りある資源と言われて参りました水
また多くの限りある資源とされて参りましたものの命は
私どもはじめ 皆様方の想念が
神中心 神に創られし命との想念に変わりますれば
永遠の命を分け与えて下さいました大御神さまの御心に基づき
限りある命から
すべてのものが永遠に光り輝く生命へと よみがえりがゆるされることでしょう

私ども 河童族
地底世界を構築し 地上に関心を持つ者 持たない者も含め
すべての生命は
大御神さまのもと さんぜんと輝き
あらたな宇宙の形成が成されて参りましょう

今後とも 共に 心を合わせ
大御神さまのもと ひとつ心で前進させていただきたく
よろしくお願い申し上げます
ありがとうございました




宇宙同胞モーリス・アマンダさんよりメッセージ
                             2018年1月13日

2018年を迎え はや 10日も過ぎ
地球の日々の過ぎ方は 何と速いものかと思わせていただいております
皆様方におかれましては 準備万端
「愛の宮」にお住まいになられる 大御神 こと 創造主の元へ
馳せ参じたいとのおもいが湧いてきておりましょうか
大御神さまは その様な皆様方を迎え入れたいと心待ちにされておられるのです
そして 私たちも同様 思いをひとつにさせていただいております

皆様方はじめ 全宇宙挙げての大御神さま監修のプロジェクト
皆様方も もちろん 意識されようがされまいが
このプロジェクトにかかわっているわけです
その一員なわけですね
その認識が非常に重要と思われます
大御神さまの " わけみたま " としての存在
大御神さまと念いを一(いつ)にさせていただけるという
深い意味も込められているのです
しかも 皆様方 お住まいの この地上が舞台なのです
これほどの恩恵がございましょうか
しかと心に刻まれていただきたいと思うのです
こぞって参加させていただきましょう

そして あらたな宇宙時代のはじまりを
皆様方と共に 歴史の一ページに刻めますことに感謝いたしたく存じます
今後とも宜しくお願いいたします

地底世界のアダマ
天界のカエセルも同じ思いでおります






b_simple_124_4M.png

〔メッセージ受信:ひめみこ〕

ご参照
「新たな宇宙時代」へ向けて「愛の宮」への想いを醸成させる時

宇宙の理想響、「愛の宮について
宇宙の理想響
宇宙の理想響―創造主との対話
「愛の宮」建築プロジェクトについての対話とメッセージ
創造主が住まわれる「愛の宮」建築プロジェクトの着手について
続・創造主が住まわれる「愛の宮」建築プロジェクトの着手について
続々・「愛の宮」建築プロジェクトの着手について
    ―ひめみこさん、琴音さんのモナドのことなど


スポンサーサイト
| 愛の経綸 | ▲ページトップに戻る