2017-07-05 (Wed)
こんにちは。
「ガイア・アセンション」シリーズより、
そなたの中心におる わたしをつかむ時ぞ―創造主」をご紹介いたします。

リンクはこちらになります。
   ⇒そなたの中心におる わたしをつかむ時ぞ―創造主

line2

(17/07.05) そなたの中心におるわたしをつかむ時ぞ―創造主

(Q) 小松様

こんにちは。

創造主よりの、新たなメッセージでございます。

 

 ▶新しい生命―創造主

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(A) 拝見しました。

ありがとうございます。

 

今回は創造主から2つのメッセージが相次いで送られてきていますが、私は2つ目のメッセージの最後のパラグラフから最も強い印象を受けました。

 

――おもいを わたしに向けるだけで良いのだ
求めてくれたら 良いのだ
待ち望む わたしのおもいを忘れぬ様
心掛けてくれたら どれ程 嬉しいことか
そなたの中心におる わたしをつかむ時ぞ

 

さらっと読めてしまう簡潔な言葉の行間に、惑星地球(テラ)で生を営む全人類に対する創造主の深い想いが、にじみ出ていると思います。

これは、「真の親」である創造主だからこそ言えることでしょう。

 

創造主は、分霊である「そなたの中心に」いつも在られて、その思いも行動もすべて把握されているものの、当のご本人は物質界の「幻想ゲーム」にはまり込み、自分の本質も親元のことも完全に忘れてしまって、連絡すらしてこない。「生みの親」として、これほど気懸りなことはないでしょう。

もし「わたしのおもい」に気づき、どんな形であれ、それを本心から伝えてくれたなら「どれ程 嬉しいことか」とおっしゃっています。

 

これによって創造主が、地上世界で事毎に敵味方に分かれ「幻想ゲーム」を繰り広げている人々に対して、それが「光であれヤミであれ」、「だれひとり分け隔てなく同じように気に懸けており愛している」と繰り返し言われてきた主旨が、判然とするのではないでしょうか。

「創造主の分霊でないものは宇宙に存在しない」という真実を、当然の前提としてですが。

 

――そしてほとんどの人がそれはゲームだということを忘れて、そのような情熱やコミットメントを携えてそれぞれの役割を担っています。しかし、どんなものでも良いゲームなら、そうしたものではないでしょうか?

あなた方は、考えつく限りの嗜好を総動員して、あたかも他には何も存在しないかのように、最大限に楽しみながらゲームに打ち込みます。実際にその時は、他には何も存在していないのです。

まさにそれが、あなた方がこれまでやってきたことであり、あなた方一人残らずそのようにやってきたのです。

そして私はこのゲームを、驚異と喜びをもって観てきました。私のこの上なく美しい創造物によって、それほどまでの情熱を持ってプレイされているこの生命のゲームを観てきたのです。創造主 アセンションと2012年を語る

 

しかし、今は「帰郷の時」です。

 

――それはすべてゲームだったと気づく、今がその時であることを知ってほしいのです。あなた方はそのゲームから目覚めつつあります。そして、皆を目覚めさせ、故郷に帰り、共に祝う、その時がやってきたのです。(同上)

 

そこで、上で言われている「おもいを わたしに向ける」には、また「そなたの中心におる わたしをつかむ」には、具体的にどうすればいいのか、ということになります。

それは当然ながら各人各様であっていいでしょうが、ヒントの一つとして、よく言われる「自らの内心に分け入る」というのは、常に「そなたの中心におる わたし」に想いを向けると読み替えると分かりやすいでしょう。

そして例えば、「・・・していただいてありがとうございます」というような、自分なりの創造主への感謝の言葉を3つ用意しておいて、水でも何でも飲み物を口に運ぶ際には、「そなたの中心におる わたし」に向けて(声に出して、または声を出さずに)伝えることを習慣にするわけです。

これを繰り返しやっているうちに、段々と本物になってくるでしょう。

 

以下は、今回の2つのメッセージの、その他の箇所についての感想です。

 

1.最初のメッセージあらたなる旅立ちに向けて

 

全体として印象的な点は、次のように各人の主体性を強調されていることです。

 

――自主性を持ち そっせんして歩を進めることが
何よりも 大切なことと思っておる

――おのれの意思を持って求むるなれば
その熱き求めに応じよう

――みずから 求め 意思表示をし
わたしの元に集い来て あらたなる旅立ちを始めようではないか


つまり、グル(導師)や教祖などの言うことに唯々諾々と従うのではなく、自分なりの判断を持ち、それに従って行動しなければ何事も始まりませんよ、と言われているようです。

 

――多くの人たちがコミュニティとして集い、より良い生き方を希求することについて話しています。それは何も悪いことではありませんし、私はそれを励ましはしますが、でも間違えないようにしてください。皆さんが話しているグループレベルでの選択では、物事はあまり変化しないでしょう。
大切なことは、いま現在とそのエネルギーがやってくる瞬間との狭間(はざま)にあるこの時点での、各個人の選択なのです。それは限りなく個人的な選択であって、どの国の者だとか、どのコミュニティに参加しているとか、どんな組織に属しているかとか、またどんな宗教、どんな規律を学んできたかとか、どんな知識を持っているとか、そういったことは一切関係ないのです。それらすべては無に等しいものです。
必要なことは単に、あなた方の誰もが必ずやらなければならない個人の選択です。そして意思を決めるのに必要な情報は、一人残らず与えられるでしょう。
アセンションは純粋に個人の旅です―創造主

 

また、次のパラグラフも印象的でした。

 

――そなた達と共におる わたしからの発信が
魂をゆさぶり 心をゆり動かした時
天の原点に立ち返り 新しい生命の育みを始めた実感を
つかむことができるであろう
わたしと ひとつになれるであろう

 

ここに言われる「わたしからの発信」は、今回のメッセージのように人類一般に対するものと、「そなたの中心におる わたし」からのもの、つまり限りなく個人レベルのものとが考えられます。

いずれにしても、「魂をゆさぶ」られ「心をゆり動か」されるタイミングは、誰にとっても必ずやってくるはずですが、絶えず変転する個人的な状況や「わたしからの発信」の内容などに微妙に依存し、非常に大きいバリエーションがあると思われます。

もちろん、すでに日常的にそれを体験されている方々も少なくないでしょうし、「幻想ゲーム」や「唯物思想」に強く囚われて、今のところは、それどころではない人々も多々いらっしゃるでしょう。

したがって創造主は、「わたしの造りたまいし みたま達が」、ひとり残らず「わたしの念(おも)いを 深く汲み(とる)」時が来るまで、様々な角度から、限りなく多様な表現を用いてメッセージを送り続けられるでしょう。

「その日」が来るまでに、全員が「わたしと ひとつになれる」ように。

 

2.次のメッセージ時をつかむ

 

ここでは、次の箇所を省くことはできません。

 

――地球上に起きている事象を 目の当たりにした時
納得のいかない 理不尽なことに未来を悲観してはおるまいか
人の心が 愛を忘れたように行動する姿を見て
本当に 神の造りし魂の持ち主であろうかと
疑いの目を向けてしまうことがないであろうか

さように わたしへの信頼を持ち続けることが
厳しい現実としてあると言えよう

世界の現状、そして日本の現状に照らせば、「厳しい現実としてある」ことに共感される方が多数いらっしゃるのではないでしょうか。

そして、創造主が隅から隅まで実情を把握され、「人類の苦境」をよく認識されているという感想を持つ方も少なくないでしょう。

そこから、どうして創造主は、例えば「納得のいかない 理不尽なこと」や「人の心が 愛を忘れたように行動する姿」を放置されるのか、是正されようとしないのか、という疑問が湧いて出ることもあるでしょう。

 

それに対する回答の一端が、次で与えられているようです。

 

――わたしの目となり 耳となりし子等よ
そなた達は 気付くことがあろうか
そなた達を通して わたしも学んでいることに

――人智の及ばない創造の力は
宇宙の進化と安定を成し遂げている

創造の根本原理は、絶え間のない変化を通じて宇宙を進化させていくことで、創造主は、自らの創造物の全体験を同時体験しながら自分自身も進化していく存在です。

もし創造主が、個々の創造物の行動を一つひとつ規制したとすれば、創造主としては何も受け取るものがなく、「そなた達を通して わたしも学んでいること」が不可能となり、創造主自身は「進化が止まってしまう(そして宇宙の摂理が機能しなくなる)」でしょう。

 

このような構造の背後にある「創造の力(神の力」によって、「宇宙の進化と安定」が「成し遂げ」られているのでしょう。

ここで大切なことは「進化」に併せて「安定」も達成されることで、「変化」が「暴走」を引き起こさない仕組みがあることです。それによって、私たちは無暗に心配しないで、流れに委ねるだけで大丈夫だという「保障」を与えられているようです。

ちなみに、「創造」という行為に関する創造主の立場については、次が参考になります。

 

――そのように、彼らは皆、すべての創造に責任を持つ存在の指揮の下で働きました。その存在は、神といった名で呼ぶことができます。この中心的な創造の力をなんと呼ぶかは問題ではありません。ここでは神という言葉を使いましょう。神が法則を創り、その法則の一部は物理学と関係があります。あなた方が科学と呼ぶ、その他の分野もあります。気体は粒子とどのように作用するのか、気体はどのようにして集積したり凝固したりするのか、あるいは分解したりして、形を変えるのか。例えば、氷の塊を例に挙げましょう。それはある時点でどうして水なのか。温度を変えるとなぜ水は氷になるのか。このように、創造主は一定の法則を決めましたが、これは物理法則、感情の法則、精神の法則をカバーしています。そして、そうした法則の範囲内で創造的なプロセスを使うことを許可します。神はそうしてすべてを創ったのであり、魂はこの創造主の小片です。こうした魂たちは、創造主の潜在的な能力を使い、創造を行うことが許されています。これが進化なのです。

 

進化するすべてのものは、何らかの形で神の許しを得ています。あなた方にはこれは理解しにくいかもしれませんが、神というのはどこかで玉座に座り、あなた方が目にするすべての側面を創造しているわけではありません。むしろ、神の前で計画が示され、神が許可を与えます。こうした個々の人々つまり個々の魂は、自然法則と考えられている、従うべきこの手引きを使って、自分のアイデアを生み出し、自分の創造物を生み出します。そして神はこのすべてを楽しむのです。神はそれに参加しています。神はそれを見、それを承認し、それがよいものであることを実感します。ガイアからのメッセージ②

 

また、次のパラグラフも印象的です。

 

――創造の光に照らされし テラの住人
光に照らし出され 明るみにされし おのが身魂
わたしは そこにたまった すすや垢(あか)を
ひと吹き ふた吹きで振り払い 元の水晶の身魂に戻しておる
ひとえに あらたな生命を 生きて欲しいからに他ならない

 

私たちが何も知らないうちに、創造主は、私たちの「身魂」を「光に照らし出」されて、「そこにたまった すすや垢を ひと吹き ふた吹きで振り払い 元の水晶の身魂に戻して」下さっているようです。「ひとえに あらたな生命を 生きて欲しいからに他ならない」というご主旨で。

私たちの過去生や今生でやって来たことを思い浮かべれば、誰でも「そこにたまった すすや垢」は、相当な量になるでしょう。創造主の「ひと吹き ふた吹き」が心身に完全に浸透するのは、一朝一夕では済まないではないでしょうか。

そこで思い浮かぶのは、「最近は無性に眠くなることがある」と言われる方が多いことで、そのような「心身の浄化」が進んでいるためではないかと私はみています。睡眠中のほうが、そうような浄化に都合が良いとみられるからです。

少しの空き時間でもうまく活用して、慣習や体面などにお構いなく、積極的に睡眠をとることをお勧めしたいと思います。

 

今回のメッセージを全体としてみれば、現時点でどのような立場や境遇に自らを置いているかに関係なく、すべての人類が目指すべきものは、創造主の采配に従って「帰郷」すること、つまり「地球の新時代」へわが身を投じて「永遠の命」を得ること。――それを「選択しなさい!それで済むことです」と、改めて強調されているようです。

人類にとって、それが最大の、そしておそらく唯一の前途への希望だということを、これまで無意識に「幻想ゲーム」に浸ってきたことを自省した上で、銘記することをお勧めしたいと思います。

 

(Q) 小松様

こんにちは。

この度も懇切丁寧なご見解をお送りくださりありがとうございます。

 

常に進化してゆく宇宙の中にあって、今、私たち一人ひとりが「いのち」の存在意義について真剣に向き合い、“創造の真理”を強く追い求めてゆかなければならない時に至っていることを改めて痛感しております。

 

今年の初めには、創造主より、

 

 新しく生まれるために
 わたしの子等は メッセージを熟読がんみし
 日々の精進を続けてくれておるか

 わたしは ひとしく 愛を注ぎ 導くことに変わりはない
 わたしの子供として わたしの元へ立ち返ってくることを
 一日千秋のおもいで待っておる

 

とのお言葉がございました。

4月に示されました「源はたったひとつ―創造主のお言葉」にて、

 

 宇宙にあって 源は たったひとつ わたしのおもいあるのみ
 そのおもいを 世界のメッセンジャーを使って伝えておる
 わたしの 計画せし天国が目睫(もくしょう)に迫る今
 全宇宙 ひとつのおもいに帰郷する
 それが 最終章の幕開け

 

とお伝えくださいましたように、今という時代は、心眼を持って情報を見極めることは必須ではありますが、求めさえすれば、“宇宙の源である創造主のおもい”に出会わせていただけるように、さまざまに道が開けているように思います。

 

そなたの中心におる わたしをつかむ」ための第一歩として、小松様のおっしゃる「飲み物を口に運ぶ際に感謝の言葉を伝える」という方法は、良い訓練になりそうですね。

 

わたしの場合は、毎朝、起床した時に、「おはようございます。今日も一日、大神さまと共に生かさせていただきます。よろしくお願いいたします」と、ご挨拶をさせていただき、就寝前にも、一日の感謝、意思表示や祈りをさせていただいております。

対話の際には、“創造主”であられる存在を、“神さま”ですとか、“大神さま”と呼ばせていただいております。

 

日中は、例えば、道を歩いていて、きれいなお花を目にした時に、「あ、きれいなお花!」と瞬間的に思うわけですが、その後に、「…ですね、大神さま」などと、言葉を続けるようにしております。

そうした時は、心の中で思うのみのことが多いですが、声に出して、ひとり言のようになる時もあります。

人間同士のように、必ずしも “ことば” でのお返事があるわけではないのですが、常に私たちの心の中心に在られて、すべてを把握してくださっているとのことですので、必ず通じ合えていることと思います。

 

食事の前後は、特に感謝をお伝えする良い機会ですね。

自然の恵みをお与えくださる大神さま、たくさんの生命を育んでくださる母なる地球テラ、自然界の精霊さん、生産者や運送、お店の方々など関わり合う多くの方々へと想いが広がり、繋がりを感じることができます。

食事中にも、「美味しい」と感じましたら、「…ですね、神さま」と、共に楽しませていただくことを意識しています。

 

その様に、何かにつけて、自身の心の内側に語りかける形にいたしますと、「おもいを わたしに向ける」機会も増えてゆくように思います。

「ネットを見よう」とする時にも、「大神さま、ネットを見させていただきます」というような感じです。

 

日常での「神との対話」の上では、あまりかしこまりすぎずに、自然体で良い様に思うのですが、失礼にならないよう、「神の子としての学び」でお伝えいただきました、「美しき 〝 ことば 〟 の使い方立ち居振る舞い」を身に付けさせていただくことが、とても大切であるように感じております。

 

また、不安な気持ち、心配事、悲しみ、疑念、恐怖心など、負の想いが湧き上がる時には、「辛い、悲しい」などと一人でおもうのではなく、「大神さま、辛くて、悲しくて仕方がありません」と、受けとめていただき、そして、「このような想いをメシヤの御名にあって神さまにお返しいたします」と、委ねさせていただきましたら、すべてを赦され、救われた光の中へ溶かしてくださり、段々と天国の境地へ引き上げてくださるように受けとめさせていただいております。

 

 

創造主(主神)のお言葉より

 

 見聞きしたものは それらすべてをわたしに返して欲しい
 わたしの名を メシヤを通して唱え
 目の当たりにしたことをゆだね 感謝でしめくくるが良い
 さすれば それは 赦され 救われたものとみなされ
 永遠に光り輝く命として 天国に籍をおくこととなろう

 

    〔「大いなる歴史の節」を迎えさせていただくために

    〔祈りの文言―理想世界の実現へ向けて

 

この度の、

 

 おのおのに流れ込む そうした思いは
 あたかも おのれのみが 感じて 受けとめているようだが
 常に わたしが言う様に
 おのおのに繋がった 全てのもののおもいが表われておる
 心のひだに刻まれし 幾多の人生
 関わり来たった 多くのものも共に

 

とのお言葉には、自身の心模様には、「おのれのみ」のものではなく、人類の集合意識にある想いが浮上してくるため、

 

人類を代表して、わたしの名を メシヤを通して唱え 目の当たりにしたことをゆだね 感謝でしめくくって欲しい

 

というおもいが込められているように感じております。

ご先祖様の想い、過去生で刻まれたもの、因縁の深い方々の想いも含めて、とおっしゃっているようです。

 

ここ数年、進化に向けて注がれている光の影響を受けて、私も「無性に眠くなる」という反応をたびたび経験しております。

しばらく眠気は落ち着いていたのですが、この一週間くらいでしょうか、とても眠く、身体が熱く感じております。

新しい生命の育み」とのお言葉がございましたが、進化、成長の時には、赤ちゃんのように、たくさん睡眠が必要なのかもしれませんね。

そのような時は無理をせずに、出来る限り休息や睡眠を優先させていただいております。

 

 ――神は光そのもの
 光 それは すべてを生かし 進化させ成長を促す

 

 ――光を求めよ
 光をめいっぱい浴びよ

 わたしに すべての照準を合わせ よみがえりを図るがよい

 

    〔まほろばの光―創造主

 

より一層、光も強く高まる中で、「ひと吹き ふた吹き」とお浄めをいただき、心身にも人それぞれの形で様々な影響が出てくるように思われますが、「水晶の身魂に戻して」くださっていることに感謝を捧げ、神との対話、委ねることを実践させていただき、心安んじて日々を歩んで参りたいと思っております。

 

天国への帰郷に向けて、取り組むべきことが色々とございますが、内なる神と共に在って、ひとつひとつの物事に、ゆったりと、じっくりと向き合い、「わたしからの発信」を自分なりに深く感じ取らせていただけるよう、感性を研ぎ澄ましてゆきたいと思います。

 

【関連】

わたしに照準を合わす―創造主




line2
                 [以上 「ガイア・アセンション」シリーズより転載]

スポンサーサイト
| 「ガイア・アセンション」シリーズ | ▲ページトップに戻る
2017-07-14 (Fri)
こんにちは。
「ガイア・アセンション」シリーズより、
「あわれな子羊」の多きを哀しむ―創造主 をご紹介いたします。

リンクはこちらになります。
    ⇒「あわれな子羊」の多きを哀しむ―創造主

line2

(17/07.14) 「あわれな子羊」の多きを哀しむ―創造主

(Q) 小松様

いつもありがとうございます。

創造主よりの、新たなメッセージでございます。

 

 ▶あわれな子羊よ―創造主

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(A) 拝見しました。

ありがとうございます。

 

今回メッセージのタイトルや次の箇所からは、私たち人類に対する痛烈な衝撃を感じられます。

 

――心 ここにあらずと そっぽを向き
わたしの最終章へむけての願いを
読みとれぬ者の何と多きことか と あわれに思う

 

残念ながら人類の現状は、「何と多きことか」と言われる創造主のご指摘の通りだと思われます。

何かのキッカケから広い意味の「地球の新時代(ニューエージ)」を志向するようになった方は、その濃淡に個人差があるとしても、少し前のサナンダのメッセージを参考にすれば、多く見積もっても人類の3割ぐらいでしょうか。

このような方々は、この時代に次々と送られてくる「高次元メッセージ」の、どれかによって強い共感を得て、ますます確信を深めていかれるでしょうから、創造主の「あわれに思う」には該当しないでしょう。

 

問題は、それ以外の「7割ぐらい」の人々で、その大半は、今がどういう時代なのか考えてみたこともないのではないでしょうか。

そのことを考えてみる前に、テレビや新聞やインターネットなど外の世界には、「これが現実だ」と面白おかしく伝える情報が溢れ返っており、その一部を「試食」するだけでも「十分に食べて量に不足はない」と思わせられるでしょう。

それに加えて、それぞれの人が生活を楽しむための趣味やスポーツや娯楽の分野は、どんな嗜好をも満足させる膨大なバラエティが用意されており、日々に変化し「進化」しつつあります。

もちろん、ほとんどの人がすでに、そのいくつかに個人として、またはグループとして参画しており、それに加えて目先の仕事や家事や学業を無難にやり遂げるだけでも、毎日が精一杯の状況でしょう。

 

したがって人類の問題は、今回のメッセージや、これまでに伝えられている数多くの高次元メッセージが存在することすら知らず、また知ろうとしないで、無心に淡々と日常生活を送っている人々が大勢いることでしょう。

しかし、どんな人に対しても「何かのキッカケ」は平等にやって来るので、それを見逃さず探求を深めれば、「個人としての新境地」へ導かれるでしょう。上の「3割ぐらい」の方々が、やってきたように。

 

「何かのキッカケ」とは、例えば、「クロップサークル」や「オーブ」のこと、「宇宙人(異星人)」や「UFO」のこと、「超古代遺跡(ギザやテオティワカンのピラミッド、世界各地にある地上・海中・海底の巨石遺跡など)」や「超古代文明(アトランティス、シュメール、インダス、マヤ、プレ・インカなど)」のこと。

さらに「新種の子供たち(スターチルドレン、インディゴチルドレン、クリスタルチルドレン)」のこと、「海棲哺乳類(イルカ・クジラなど)の人類を上回る巨大な脳と彼らが持つ超能力」のこと、「チャネラーの存在やチャネリングという現象」のこと、「転生(生まれ変わり)」という現象や「今生(現生)・前生(過去生)」のこと、そして「ウォークイン」という現象のことなどです。

そしてもちろん、「魂が人間の本質」という巨大な事実もあります。

 

これらはいずれも、「多次元宇宙」という広大な領域と「高次元宇宙の存在たち」の、地球の三次元世界への「露頭」の一部なので、「宇宙の真実」について確信を深める格好の入口になります。

そして「すべてはつながっている」ので、どの入口から入っても、到達点に違いはありません。

また、そのプロセスで必然的に、高次元からの「真実のメッセージ」に触れることになります。

 

ここで残念なのは、上に挙げたような「宇宙の真実」が、人々の共通認識にならないようにすることを「使命」とする存在たちが、歴史を通じて大々的に、しかし秘密裏に「活動」してきたことです。

 

――2012年や人類史の大部分に関する大方の議論について興味深いことは、約12,50013,000年前にあなた方の惑星上で起こったこと、つまりあなた方がアトランティスの崩壊として知っていることについて、無視しているという点です。

また、その知識を葬り去ろうとして非常に熱心に働いた人たちがいます。彼らによって、化石に残された歴史やそのとき実在した証拠が、化石の記録というよりむしろ人工物などが、注意深く取り除かれました。それらはあなた方の惑星上で発見されたものですが、アトランティスの真実を実証するあらゆる証拠はことごとく破壊され、取り去られたのです。

再度言いますが、それらのすべては、いわゆる「ヤミの勢力」としてこの惑星を歩んできた人々によって、非常に活発に、かつ上手に演じられたゲームの一部です。

しかし真実は、アトランティスの崩壊は実際に起こったということで、今でもその証拠は確かに残っていて、その一部はよく知られており十分な裏付けがあります。創造主 アセンションと2012年を語る

 

ちなみに「アトランティス」については次のような事実もありますが、十分に「市民権得ている」とは言えません。

 

「奇跡の人」と言われたエドガー・ケイシーEdgar Cayce1877-1945)は、43年間に8千人を超える人々に診断(リーディング)を与えていますが、その約6割は肉体的な悩みに対するもの(フィジカル・リーディング)です。

彼がリーディングをやるようになったのは、20歳前半に卸売文具のセールスマンをやっていた頃、のどの筋肉が少しずつ麻痺し始めて失声症の危険が出てきたためです。医者による治療は効果がなく、彼は子供の頃に教科書を額に乗せて眠るだけで内容を丸暗記できたことを思い出して、自分の病気を治す処方を催眠下で自ら述べて、完全に治してしまったそうです。

そして地元の医師団が、自分たちの患者の診断に、エドガー・ケイシーを利用するようになります。こうしたことをきっかけに、写真技師として生計を立てながら、無償でアメリカ全土の人々を診断するようになりました。彼は依頼人の名前と住所を聞くだけで相手につながり、いわゆる遠隔診断ができたのです。これらのすべては、催眠下で彼が述べる形で行われています。

他に人生の診断(ライフ・リーディング)などがあり、これによって個人に与えられた個々の情報(いわば魂のレベルの個人史)を総合すると、人類の歴史や宇宙についての(正統的な地球の学問で述べられたことのない)膨大な情報が浮かび上がってきます。

後世の研究者による、それらを解析し統合した、さまざまな分野の著作があり、上の著作もそれに該当します。

このうち、アトランティスに関係するリーディングは、約1600人の依頼人について2500件ありますが、これらのほとんどは正面からアトランティスを採りあげたものではなく、依頼人の現生での人生の悩みごとに関連して、アトランティスからの影響が述べられているものです。

これから推測できる事実の一つは、アトランティスの時代を生きた人の多数が、現代の地球に転生してきていることです。拙著『アセンションへのいざない

 

アトランティス」という巨大な事実についてすら上のように「隠ぺい」が「奏功」してきたのですから、その他のことは、主流とする学問分野から外し、教科書などのカリキュラムからも除外して「際物(きわもの)扱い」にすれば、それで十分だったのでしょう。

何しろ人は、目に見えて触れられるものや、学校で教えられたことや「専門家」が言うことしか信じない傾向を、もともと持っているわけですから。

 

結局のところ現状では、私がいつも言っているように、「その人の魂が持つ傾向」によって大筋が決まっているのかな、という感触があります。

それを超えて多くの人々に「真実」を伝えることは、一筋縄では行かない「社会的環境」があります。

その意味で「あわれな子羊」たちは、「社会的環境の犠牲者」ともみられます。

しかし地道に「伝える」努力を続けていけば、「真実の強さ」そのものが、そして「メッセージが持つ力」そのものが、道を開いていくと思われます。

 

そして現代では、ひめみこさんや琴音さんが数年来やってこられたように、上記したような「確信を得るまでに多くの労力と時間を必要とする手順」を踏まなくても、どんな人でも「一瞬で神を識る」ことのできる手段が豊富に提供されているわけですね。

そのどれか一端に触れるだけで、人は簡単に「変身」できるでしょう。

それが、やがて「燎原の火のように広がっていく」可能性は大いにあります。

 

なお今回のメッセージで、人類が共通的に持つ傾向についての、もう一つ重要なご指摘はこれでしょう。

 

――人として 忙しく生きる間に
わたしを 見つめることを とうに忘れ 目をつむり
人の感情 動き ことば等を 第一に気にする生き方になったのではあるまいか

 

――人に求めていては いつまで経とうと
わたしのふところに 踏み込めぬのではないか

 

これは、いたずらに「外に答を求める」ことに対する戒めでしょう。

そのような「習慣」の裏には、そこはかとない「不安」や「心配」があると思われますが、それを裏返せば、「(創造主)」や「宇宙」に対する「信頼の欠如」でしょう。

 

全体として今回のメッセージは、創造主から人類に対する「衷心からの呼びかけ」に満ちていますが、これほど「想いのこもったメッセージ」は、かつてなかったのではないでしょうか。

これに触れるチャンスを持てた方は、この上なく幸せだと思われます。

そして状況が新段階へ、つまり「最終章」へ入ったことを深く感じさせられます。

 

――語りかけるべき相手は わたしであり
そなた達の おもいの丈を受けとめるのも わたしである

 

――真剣に 命の底の底から わたしを求めておるか
まずは わたしの所に来るべきなのぞ

 

――生殺与奪の鍵は わたしが握っておる
わたしが 吹き込んだ生命は わたしの宝物

わたしは 何よりも わたしの宝物と共に生き
共に喜び 悲しみ すべての味わいを一(いつ)にしたいと願っておる

 

――すべての道は わたしに通ずる道とおもい
わたしの広げたふところに 飛び込んで来てほしい
わたしの待つ 天の源に立ち返って来てほしい
振りむけば そこに わたしはおるのだ

 

(Q) 小松様

いつもありがとうございます。

 

私共も、この度のメッセージをお受けし、いよいよ待ったなしの最終章の時を迎えたゆえに、これほどまでの強く、深い想いをお伝えくださったように感じさせていただいております。

 

 素直に わたしの伝えたる道しるべをひもとき
 内なる魂をたずね
 各々の裁量を持って わたしと対話するが望みぞ

 

との創造主の御心に、多くの方々と共にお応えさせていただけるよう願ってやみません。

 

201610月のメッセージ「一体である万物と共に新しく生まれるために」では、
クシナダ様より、

 

 今 神さまは 一人ひとりの 魂を精査され
 その身魂に合わせたやり方をご指示くださり
 私どもも その働きかけを みなさまに届けたいと動かせていただいております

 

と、お伝えいただいておりました。

本当に、天界からも、できる限り、最大限の働きかけをいただいて今に至っていることと存じます。

 

前回のメッセージ「新しい生命―創造主」では、創造主より、

 

 そなた達と共におる わたしからの発信が
 魂をゆさぶり 心をゆり動かした時
 天の原点に立ち返り 新しい生命の育みを始めた実感を
 つかむことができるであろう
 わたしと ひとつになれるであろう

 創造の神秘も ヴェールの隙間から ほんのわずかなりと
 垣間みえる時も あろうかと思っておる

 

とのお言葉がございまして、感謝と共に希望を抱かせていただいております。

 

あわれな子羊よ」の冒頭にございます、

 

 わたしの切なるおもいを 世界中の人々に伝えむと
 心を砕き
 おもいを寄せ
 刻みたる進化の道筋

 

とのお言葉からは、永い永い歳月を、どれ程のおもいで、心を砕かれて来たのだろうかと、その深遠さを思わされます。

宇宙の真実」である「源のおもい」に立ち返ることができるよう刻まれた数々の「道筋」につきましては、多くの貴重な高次元メッセージや情報、ご解説等を掲載しておられる貴サイト「ガイア・アセンション」シリーズやご著書より、私も、多くを学び、確信を深めさせていただきました。

 

201310月より、天の啓示がひめみこさんに示されることとなり、当初より小松様のお力添えをいただき、ウェブサイトを通してご縁をいただく皆さまと共に、ここまで歩ませていただきましたことは、本当にかけがえのないことと感謝いたしております。

 

神の計画の完成」に向けて大詰めを迎え、大神さまの、どなたにもわかりやすく、どのような環境、立場にある方々でも、たやすく実践できる道を、という強い想いがあって、今、「ハーモニックスペース」という道筋を刻んでくださっていると受けとめさせていただいております。

 

新生に向けて大切になってまいりますのは、“ 真剣に 命の底の底から 神(命の生みの親である創造主)を求める ” ということのように感じております。

 

これからの途上で、さまざま厳しく感じられる事象も生じてくるように思われますが、幸いにも、このように創造主の深い御心を識り、お導きいただいている者といたしましては、次のメッセージを、今一度、しっかりと心に据えて、前進させていただきたく思います。

 

 わたしの愛する 最も大切な子供たち
 わたしを押し込めた分 その清算があるのは致し方がないのだ
 ゆるしてくれよ……
 積もりに積もった汚れは 一度は出さねば清くなれないことは
 そなた達にもわかるであろう
 その表れが 自然災害 病 争い 金銭の苦しみなどである
 しかし それが済めば 明るい未来が広がっておる

 光が差し込んだ今だからこそ
 テラの隅々まで
 人類 その父母先祖の方々 および万物一切にまでも
 浄めの光と愛がゆき渡り照らし出されるのだ

 世界中に起こっているすべてのことは 光が差し込んだからこその出来事
 人間にその善し悪しの判断はできぬ
 わたしの分野であるからだ
 とやかく言うでないぞ !
 良いか!
 神は光
 神は愛そのもの

 地球上に表れているすべてのことは わたしの愛の発露である
 このことがわかるか?
 受けとめられるか?

 人類はじめ すべての代表として
 すべてと一体の おのれとして
 今 おのれのこととして わたしに祈り ゆだねてほしい
 おのれの心に湧き上がるすべてのおもいを
 ひとつも洩らさず わたしに繋いでほしい
 どんなことでも良いのだ 心の晴れるまでやり続けることだ
 待っているぞ!!

 

     〔⇒真実の愛―主神のお言葉

 

誰よりも、何よりも、頼りになり、

すべてのものに分け隔てなく深い愛を注いでくださっている創造主のふところに、

眠りから覚め、子供ごころになって飛び込む勇気を、
私たち人類にお与えいただけますように。

 

そして、全人類、その父母先祖の方々、

生きとし生けるすべての生命、万物と共に、その光の中に安らげますよう、
メシヤの御名にあっておゆだねいたします。

 

神と共に在る〝今この時〟に心より感謝いたします。

ありがとうございます。


 

【関連】

そなたの中心におる わたしをつかむ時ぞ―創造主

本気で心を開けば愛なきものは全て剥れ落ちます―サナンダ

真実の親は私だと気づき 今すぐ すべてを私にゆだねてほしい―創造主





line2
                                [以上 「ガイア・アセンション」シリーズより転載]


| 「ガイア・アセンション」シリーズ | ▲ページトップに戻る
2017-07-16 (Sun)
ひめみこの詩~うた~ 第二節 天国へのいざないb_simple_15_0M.png

九州北部の豪雨に寄せて―テラと創造主よりのメッセージ

テラからの伝言

この度の 集中豪雨による
大きなテラの 曲がり角を共有してくださいました皆様に
わたくし テラから 心よりの感謝を申し上げます

今や 目睫(もくしょう)に迫り来たったテラの新生
その新生を祈り 光を届けてくださる人々に
また この度のように 共に痛みを分かち合ってくださる人々に
魂の底からの 私の叫びを受け入れてくださる人々に
テラからの まことの愛をお届けいたしたく存じます

さまざまな 乱開発が進み あらわになる テラの痛み
私は そうした乱開発も 意味のあることと受けとめております

おのれの野心を満たすためであろう人々
生きる糧として せざるを得ない人々もおりましょう
そのどちらの人々の生命も
神の御目からは 大切な生命にございましょう

そして 私を土台にして生きる種々の万物も
人間の生命と共に 大切な生命です
私も 創造主のおもいの込められた それらのものを
その御心と共に 宝物と思わせていただいております

宇宙の一員として 私も 生きて呼吸をしております
その呼吸が苦しくて つなげなくなる事が
ここの所 多くなってきております
皆様も 呼吸ができないと 苦しいですね
私も同じです

創造主は 私の生命が 永らえるべく
この度の様に さまざま その御手をお使いになられ
浄化という形をおとりくださり
天国へ導いてくださっておられます

私の生命は この宇宙にあって
そして 何よりも 私と共に生を営む すべてのものにとって
なくてはならぬ 大切なものと自負いたしております
その様に 心を砕いて参りたいと思っております

地球上に住み 私の様相を とくとご覧になられる皆様
これからも 共に祈り 共に歩ませていただきたいと願う
私 テラのおもいのあることを
心の片隅においてくださり
創造主の無限の愛と共に 新たな道を歩ませていただきましょう


                            ―2017年7月11日



b_simple_58_2M.png


創造主のお言葉

人類に寄せて

他に 比類なき すばらしき人々よ
わたしの最高傑作である人類よ
さまざま 痛みはあるなれど
それをすぎこし ここまでに至った強靭な魂よ
その たぐいまれな みたまを持ちて
わたしの本質に近付いてこよ

そなたに宿る わたしのおもいは
さんぜんと輝き 光を放っておる
永遠に途絶えることのなき
闇路を照らし 導く光

わたしをおもう そなたの光
内に輝く わたしの光
その光が結ばれ 愛に充ち満ちる

希望を持ちて
テラにゆき渡る 強き祈りを放ち
共に 最後の砦を乗り越えようではないか


                            ―2017年7月13日






シンプルライン1

《これまでのメッセージより》
目覚めの時…2014年 記録的大雪の際にテラと神々様より届けられたメッセージ
つむぎあう愛…2014年 御嶽山噴火に寄せられたクシナダ様よりのメッセージ
地上天国の樹立へ向けて―創造主の限りなき愛
祈りの力―主神のお言葉
創造の光―テラと神々様からのメッセージ

《祈り》
『Harmonic Space―無限の光』祈りとヒーリング


| ひめみこの詩~うた~ 第二節 天国へのいざない | ▲ページトップに戻る
2017-07-20 (Thu)
宇宙からのコンタクト
  ――スペースシップ映像集シリーズ


いつもありがとうございます。
「宇宙からのコンタクト」スペースシップ映像集 Part3 を掲載いたしました。
今回は、ステルス機タイプの宇宙船を初めて収録させていただきました。

***
動画は、再生(画面をクリック)後、画面右下の角にカーソルを合わせ、「全画面」をクリックしていただきますと、大きな画面でご視聴いただけます。元に戻す際は、同じく右下の角にカーソルを合わせますと、「全画面モードの終了」と表示されますので、クリックしてください。

「YouTubeチャンネル」はこちら

line3

スペースシップ映像集 Part3


ご参照
  ⇒実在する航空機に酷似する宇宙船の映像集(Part3)について

スペースシップ映像集 Part2


ご参照
  ⇒実在する航空機に酷似する宇宙船の映像集(Part2)について

スペースシップ映像集 Part1



line3

初めての方へ
詳細につきましては、こちらからご覧くださいましたら光栄です。
 ⇒宇宙からのコンタクト――今、永遠に光り輝く「いのち」の原点へ向かって。


| スペースシップ映像集 | ▲ページトップに戻る
2017-07-23 (Sun)
いつもありがとうございます。
「ガイア・アセンション」シリーズより、
2017年7月 九州北部豪雨に寄せて―テラと創造主」 をご紹介いたします。

リンクはこちらになります。
   ⇒2017年7月 九州北部豪雨に寄せて―テラと創造主

line2

(17/07.23) 20177月 九州北部豪雨に寄せて―テラと創造主

(Q) 小松様 こんにちは。

 

テラと創造主よりの新たなメッセージをお伝えさせていただきます。

 

九州北部の豪雨に寄せて―テラと創造主よりのメッセージ

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(A) 拝見しました。

ありがとうございます。

 

今回の「テラ(ガイア)からの伝言」は、「テラ」が日頃から抱いておられる想いを、このタイミングつまり「20177月 九州北部豪雨」に合せて吐露されたものと思われます。

メッセージの全体から受ける印象として、いっとき1地点の集中豪雨を超えた「深い想い」を根底にお持ちであることを感じさせられます。

 

――この度の 集中豪雨による
大きなテラの 曲がり角を共有してくださいました皆様に
わたくし テラから 心よりの感謝を申し上げます

今や 目睫(もくしょう)に迫り来たったテラの新生
その新生を祈り 光を届けてくださる人々に
また この度のように 共に痛みを分かち合ってくださる人々に
魂の底からの 私の叫びを受け入れてくださる人々に
テラからの まことの愛をお届けいたしたく存じます

 

まず「このタイミング」の重要性について、「この度の 集中豪雨による 大きなテラの 曲がり角」や「今や 目睫(もくしょう)に迫り来たったテラの新生」などの言葉によって伝えられているようです。

つまり「テラの新生」へのプロセスの中で、「大きな曲がり角」の渦中に、惑星地球と人類が入っていることを告げられています。

 

そして、「大きなテラの 曲がり角を共有してくださいました皆様に」、「その新生を祈り 光を届けてくださる人々に」、「この度のように 共に痛みを分かち合ってくださる人々に」、そして「魂の底からの 私の叫びを受け入れてくださる人々に」に対して、「心よりの感謝を申し上げます」また「まことの愛をお届けいたしたく存じます」と言われています。

これは、日本だけでなく世界全体の該当する方々に対する、ご本心からのメッセージでしょう。

 

次に、

 

――さまざまな 乱開発が進み あらわになる テラの痛み
私は そうした乱開発も 意味のあることと受けとめております

おのれの野心を満たすためであろう人々
生きる糧として せざるを得ない人々もおりましょう

 

ここでも「さまざまな 乱開発」は象徴的な表現で、根底にあるものは、これまで人類が「惑星地球」に対して、また「地球の生きものたち」に対して行ってきた、「すべての行為」を指しておられるとみられます。

 

――他者の命を奪うことを当然と考えている人が大勢います。彼らはこの地球で生まれ、育ち、地球というのはいつまでも変わらないものだと考えています。けれどもそれは真実ではありません。川は汚染され、ある日姿を見せた動物が、翌日にはいなくなる、といったことが起こりえます。長い年月を費やして進化してきた地球の生命たちが、一世代で全滅することすらあるのです。嵐は思いのままに荒れ狂うように見えます。激しい嵐や地震があり、そして火山の爆発では、噴出するガスが動物や人間に害を与えます。そうした猛威の一方で、地球には宇宙でも比類のない穏やかさと美しさが存在します。一つの場所に、どうしてこれほど正反対のものが存在できるのだろう、と皆さんは思うかもしれません。その穏やかさと美しさは、ここを完璧な場所にすることをもくろんだ多くの存在たちによってもたらされました。それは、宇宙空間で、この銀河で、回転している宝石、あなた方の創造主と、これらすべてを気にかけている多くの存在の意思により、創造の法則に従って回転している宝石なのです。

 

そしてそうした不調和なイメージと不協和な音は、ここ地球に存在するアンバランスのために速度を増しています。その不調和は、言ってみれば人間の考えのなさから生じているのです。ご存知のように、いつもそんなふうだったわけではありません。人類は、かつては自分たちが住む場所を大事に世話する義務があると感じていました。それは自然な感覚だったのです。あなた方は、いつも自分たちの母親の世話をしていました。地球は、ある意味で、あなた方の母親です。あなた方はここ地球に住み、言ってみれば彼女の胎内で生まれました。彼女はあなた方を(はぐく)んできましたし、今もそうしています。

ガイアからのメッセージ①

 

それでも「テラ」は大きな視点から、また「彼女の胎内で生まれました」子供たちに対する持ち前の「」によって、人類の営みを次のように受け止められているようです。

 

――そのどちらの人々の生命も
神の御目からは 大切な生命にございましょう

そして 私を土台にして生きる種々の万物も
人間の生命と共に 大切な生命です
私も 創造主のおもいの込められた それらのものを
その御心と共に 宝物と思わせていただいております

まことに、この宇宙で「テラ(ガイア)」つまり「惑星地球に宿る魂」ほど、永劫に近い歴史の中で、「大きな受忍」を強いられてきた存在は希有だと思われます。

 

惑星地球がこれまでに4回の「盛衰(興隆と奈落への転落)」を経てきたことが、高次元の存在たちの共通認識として伝えられています。その直近が「アトランティスの崩落」だとして。

例えば次は、最近のある会合でのフランという女性の話です(邦訳は小松による)。

 

皆さんこんにちは。
わたしの今の名前はフランです。わたしの人生の今のサイクルでは、既婚の女性で年齢は50歳近くになります。あなた方の宇宙存在についての研究では、マンティス人(マントイド族)と呼ばれることになるでしょう。わたしは個人としてエスティカと呼ばれている者です。
わたしの故郷の世界は、この銀河の反対側にあって、平和と調和に満ちた世界です。
わたしは、どうしたらいいか迷った時、結局は、マントイドの評議員コールがいて、ゼータやプレアデス人もいる宇宙船を訪ねます。平穏の中で静かに過ごすと、すべてが明快になってくるのです。考えてみると、たいへんトラウマに満ちた出生の過程を経て、人間の肉体を持って生きることになったのは、人類と彼らがやっていることを知るためだったと思います。その出生の過程で、自分が何者でどこから来たかを忘れてしまったのです。後に、それが明らかになって、きちんと理解できるようになりましたが。

わたしたちマントイド族は何万年も、この近くにやってきています。わたし自身も、この「ガイア・アンス-マカ・地球」という存在に何が起こっているかが気になって、繰り返し来ています。ガイアの過去4回の盛衰のフェーズを見てきました。その一つは、ご存知のレムリアとアトランティスの時代です。貪欲のために、権力が乱用された場所です。このような、人類が過去にやって今もやり続けていることを見ると、ぞっとさせられます。(以下略)

(「スターチルドレン」)

ちなみに、「マンティスmantis)」とは「カマキリ」のことで、彼らは地球人やプレアデス人やゼータと同様に「二足歩行する人間型種族」で、(地球人が霊長類をベースとしているように)彼らは「カマキリ」をベースとしているので、地球の研究者によって、そのように呼ばれています。

決定的な違いは、彼らが「銀河同盟の構成員」であるのに対して、地球人には(今のところ)その資格が与えられていないことです。

 

テラの次の言葉からは、私たち人類が決して看過できない、衝撃的な印象を受けます。

 

――宇宙の一員として 私も 生きて呼吸をしております
その呼吸が苦しくて つなげなくなる事が
ここの所 多くなってきております
皆様も 呼吸ができないと 苦しいですね
私も同じです

 

テラがこのような「心痛」に追い込まれている原因として、次の3点が考えられます。

 

①:最近の「急激な地球温暖化の進行」で、次によって一目瞭然です。

⇒「世界の年平均気温の趨勢」―NOAA米国海洋大気庁)が公表しているデータなどをグラフ化して、日本の気象当局がインターネットで公開しているもの。

 

②:近年の「種の絶滅の急進行」です。

⇒「急加速する「種の絶滅」をどう受け止めるか

 

③:ご存知の「人類社会の状況」です。

 

今回のテラのメッセージで、以上に続く3つのパラグラフは、別に送られてきている創造主のメッセージと対になるものとみられます。

特にその中で印象的なのは次のパラグラフで、今回の集中豪雨のような出来事が、創造主の采配によって行われている、惑星地球を永続させるために必要な「浄化」の一環であることを示唆されています。

したがって私たちは、前途において相当な「荒治療」が避けられないことを覚悟する必要があると思われます。

 

――創造主は 私の生命が 永らえるべく
この度の様に さまざま その御手をお使いになられ
浄化という形をおとりくださり
天国へ導いてくださっておられます

 

また次の、最後のパラグラフで私たちのことを「地球上に住み・・・」と言われるのは、「地上に住む人々」を指している、つまり元々高次元レベルに達している「地底に住む人々Agathans)」は別だとされているとみられます。

 

――地球上に住み 私の様相を とくとご覧になられる皆様
これからも 共に祈り 共に歩ませていただきたいと願う
私 テラのおもいのあることを
心の片隅においてくださり
創造主の無限の愛と共に 新たな道を歩ませていただきましょう

 

なお、今回の「創造主のメッセージ人類に寄せて」は、「帰還」への大きな流れを角度を変えて説かれていますが、テラのメッセージにも関連して最後のパラグラフで、「最後の砦」という「胸突き八丁」を乗り越えれば「希望が待っている」ことを強調されている点が印象的です。

 

――希望を持ちて
テラにゆき渡る 強き祈りを放ち
共に 最後の砦を乗り越えようではないか

 

(Q) 小松様

 

いつも貴重なご見解やメッセージをお届けくださりありがとうございます。

小松様のおっしゃるように、新生へのプロセスの中で、とても大切な転換点を迎えている事を実感させていただいております。

この度のメッセージをはじめ、これまでにお伝えいただいております数々のメッセージは、これからを生き抜く大きな糧となるように思います。

 

創造主のお導きのもとで起こされるあらゆる事象、さまざまなお役目を担ってくださるすべての方々、つながり合うすべてのものへの感謝と愛の心を培わせていただきながら、少しでもゆるやかに「最後の砦」を乗り越えてゆけるよう、新生への祈りを捧げさせていただきたいと、想いを強くいたしております。

 

 

母なる地球テラへの愛、テラからの愛。

神と結ばれた無限の光と共に。


 

【関連】

真実の親は私だと気づき 今すぐ すべてを私にゆだねてほしい―創造主

ガイアからのメッセージ①〕 〔〕〔




line2
                 [以上 「ガイア・アセンション」シリーズより転載]

| 「ガイア・アセンション」シリーズ | ▲ページトップに戻る