FC2ブログ
2019-06-15 (Sat)
  目次 ico4.gif 最新記事   ico4.gif はじめての方へ  ico4.gif 人類の新生、宇宙再編と「愛の宮」について

  更新のお知らせ 

最終更新:19/06/15
 こんにちは。
 新たなメッセージを掲載いたしました。
  ▶「新たな時代」への道筋は思うより単純なのです―大御神(創造主)
  ▶新たな光明―大御神
    
   日々の祈り
  生命ある万物の憩いの場…
  永遠に光り輝く愛の地球テラの完成へ向けて、
  共に祈りを捧げてゆけましたら光栄です。
   arrow3.gif 理想世界の実現へ向けて       
   arrow3.gif『Harmonic Space―無限の光』祈りとヒーリング 


list2 最新記事

ristm 愛の経綸
 ico4.gif 「新たな時代」への道筋は思うより単純なのです―大御神(創造主)
 ico4.gif 新たな光明―大御神
 ico4.gif 宇宙融合の新生紀を迎えるに際し我が子たちへ―大御神(創造主)
 ico4.gif 愛する我が子たちへ―大御神
 ico4.gif 宇宙融合による新生宇宙への新たな歩みを始めよう―カエセル、アダマ
 ico4.gif 新生宇宙始動の時に寄せて―カエセル、アダマ
 ico4.gif 「宇宙融合による新生宇宙」開始の宣言(大御神)を受けて
 ico4.gif 新生宇宙の始まりをここに告げる―天照主皇大御神
 ico4.gif 新生地球を基軸とする新宇宙時代を共に生きよう―大御神(創造主)
 ico4.gif 新生紀への想い―天照主皇大御神
 
   ⇒〚愛の経綸〛を全て表示する

ristm 天界メッセージ
 ico4.gif ひとりひとりの新生―このはな姫のメッセージ
 ico4.gif このはな姫さまのご挨拶
 ico4.gif 今、すべての生命と共に愛あふるる理想響へ向かう時
 ico4.gif 宇宙再編に向けての采配
 ico4.gif 根元神からの贈り物
 ico4.gif 源はたったひとつ―創造主のお言葉
 ico4.gif 最終章のはじまりに向けて―創造主のお言葉
 ico4.gif 創造主の使者「コンタクト・スペースシップ」の来訪③
 ico4.gif 創造主の使者「コンタクト・スペースシップ」の来訪②
 ico4.gif 2017年 さらなる宇宙の進化へと向かって

   ⇒〚天界メッセージ〛を全て表示する

ristm 宇宙同胞からの伝言
 ico4.gif 「愛の宮」でみんなに会えるといいな―宇宙探査ロボット・コイリーからの伝言
 ico4.gif 宇宙からのコンタクト――今、永遠に光り輝く「いのち」の原点へ向かって。
 ico4.gif 神の光に抱かれて永遠の命の花を咲かせましょう―宇宙同胞からの伝言
 ico4.gif 源の光へ―モーリス・アマンダとコイリーからの伝言
 ico4.gif 宇宙同胞からのエール

ristm ひめみこの詩~うた~ 第二節 天国へのいざない
 ico4.gif 九州北部の豪雨に寄せて―テラと創造主よりのメッセージ
 ico4.gif あわれな子羊よ―創造主
 ico4.gif 新しい生命―創造主
 ico4.gif 創造主の新たなる采配― 愛の地球テラ…そして宇宙の総仕上げに向けて
 ico4.gif ゆきわたる愛の光に包まれて
 ico4.gif 神の子としての学び
 ico4.gif 魂の目覚め
 ico4.gif 更なる高みへの始動
 ico4.gif わたしからの贈り物
 ico4.gif 帰郷の時―宇宙船乗船の夢とメッセージ

   ⇒〚ひめみこの詩~うた~ 第二節〛を全て表示する

ristm 「ガイア・アセンション」シリーズ
 ico4.gif 2017年7月 九州北部豪雨に寄せて―テラと創造主
 ico4.gif 「あわれな子羊」の多きを哀しむ―創造主
 ico4.gif そなたの中心におる わたしをつかむ時ぞ―創造主
 ico4.gif 実在する航空機に酷似する宇宙船の映像集(Part2)について
 ico4.gif 続・創造主が夢に託されたメッセージについて
 ico4.gif 小さきもの―創造主
 ico4.gif ことたまのさきはう 日々を送ってほしい―創造主
 ico4.gif わたしに照準を合わす―創造主
 ico4.gif 創造主が夢に託されたメッセージについて
 ico4.gif わたしの子らよ―創造主 

   ⇒〚「ガイア・アセンション」シリーズ〛を全て表示する

ristm 祈りとヒーリング
 ico4.gif『Harmonic Space―無限の光』祈りとヒーリング

ristm 新生へのすこやかな暮らし
 ico4.gif 新生へのすこやかな暮らし~歯のケアや玄米食のこと~

ristm スペースシップ映像集
 ico4.gif 宇宙からのコンタクト――スペースシップ映像集シリーズ
 ico4.gif もはや「多次元宇宙」は現世界に姿を見せています
  ~実在機と瓜二つの飛行体を自在に出現させる宇宙同胞の卓越テクノロジー


ristm リンク集
 ico4.gif リンク集のページ


河津桜とメジロ


line3


list2 はじめての方へ

 ristm ごあいさつ ristm

『 Harmonic Space 』にご訪問くださりありがとうございます。
当サイトは、

arrow3.gif 『ひめみこの詩~うた~』
arrow3.gif 『テラ~再生への旅~』
arrow3.gif 『光り輝く世界の記憶』

 …を経て、2016年2月、愛と調和に満ちた “永遠に光り輝く世界の実現 ”を目指して、新たに立ち上げさせていただきました。

新世紀に向けての大転換期である今、わたしたちの生きている「この世界の真実」を見極め、よりよい形で前進するために、2013年10月より天界・宇宙・地底世界から届けられております大切なメッセージを、共に受けとめていただけましたら光栄でございます。

                        2018年3月30日
                         ゆうふぇみあ (ひめみこ) 
                         琴音



すべてのものを創造された宇宙根源の神さまに聞きました。
平和な世界の実現のために、今、わたしたちにできること…。


創造主からのメッセージ

…… 愛することだよ

地球を含めた すべてのものに 心からなる愛と感謝の心を伝えてほしい
人々に感謝の心を伝えると それは光となって 相手の心を開く
広く 高い空 大自然にも 心からなる感謝の言葉を伝えてみよ

愛も光 感謝も光

その光は 地球を駆け巡り 宇宙にまで届くもの
今の地球には 愛が欠乏しているのだよ

不安 焦燥 疑い 責め とがめ等の心を
愛と感謝に置きかえる訓練が大切じゃ

新しいものを つくり出す力が込められているぞ




…続きはこちらへ
ico4.gif『テラ~再生への旅~』記憶の扉


line3
 

list2 人類の新生、宇宙再編と「愛の宮」について

2017年、大調和世界の実現に向けて、宇宙の中心軸として息づき始めた惑星地球・テラ。
その魂存在である「新生あんすまか

この時代を生きる、わたしたち人間にとっても大切な使命、
一人ひとりの新生(内なる神との融合)」

時至り、
まったく新しい恒久平和の宇宙創造のため地上に降臨された「天照主皇大御神

現在、愛あふるる「宇宙の理想響」実現を目指して、創造主であられる天照主皇大御神さまのお住まい「愛の宮建築プロジェクトが進行しております。

詳しくはこちらからご覧ください。
 ico4.gif 愛の経綸

「ガイア・アセンション」シリーズ 小松英星氏のブログ「新生への道」では、
関連記事の一覧を英文タイトル付でご紹介くださっております。
 ico4.gif「愛の宮」関連タイトル (“The Creator’s Shrine of Affection” related Titles)


line3

スポンサーサイト
| ご案内のページ | ▲ページトップに戻る
2019-06-15 (Sat)
こんにちは。
いつもありがとうございます。
「ガイア・アセンション」シリーズより、
「新たな時代」への道筋は思うより単純なのです―大御神(創造主) をご紹介いたします。

リンクはこちらになります。
   ⇒「新たな時代」への道筋は思うより単純なのです―大御神(創造主)

line2

(19/06.15)「新たな時代」への道筋は思うより単純なのです―大御神(創造主)

(The Way for the New Era is simpler than you think — the Creator)


(ゆうふぇみあ)

小松様 こんにちは。

いつもありがとうございます。

大御神さまより、お言葉を賜りましたのでお伝えいたします。

 

新たな光明―大御神

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(小松)

拝見しました。

ありがとうございます。

 

はじめに、今回メッセージ全体の印象を申しますと、大御神さまは、これまで何度も言われてきたことの繰り返しはされず、新しい観点から核心を衝いたお言葉を、優しく理解しやすい表現で述べられています。そして「新たな時代」への、この上なくシンプルな道筋を教えて下さっています。

メッセージを読み進めるにつれて、大御神さまのご心境――これほど簡単なことは無いのに、なぜそれを疑うのか、なぜ考えを一新しないのか、なぜ決心して実行しようとしないのか――という、じれったい想いが、ひしひしと伝わってきます。

同時に、大御神さまの忍耐と人類への愛の深さに、改めて気づかされました。

 

奇しくも、先に送られてきた「大天使メタトロンのメッセージ」が、今回メッセージへの地ならしの位置づけのようになっていますので、以下では、今回メッセージの要所を順に引用させていただき、それに関連する大天使メタトロンのメッセージも参考にしながら考察してみたいと思います。

 

――分け隔てなく 全人類のみなに わたしの眼(まなこ)は
光と共に 降り注いでおる
そうした積み重ねの中で迎える今日である

 

そうした積み重ねの中で迎える今日である」――残念ながら、現代人につながる人類の歴史を振り返ると、とても褒められたものとは言えないようです。「分け隔てなく 全人類のみなに わたしの眼は光と共に 降り注いで」きているにもかかわらず、です。

アトランティス/レムリアの崩壊」を最後として、この間に4回も核戦争などによって、文明の頂点から原始時代へ後戻りする全地球規模の「崩落」を繰り返してきており、その状況は「インドの聖典マハーバーラタ」などによって描かれ伝えられています。

 

――わたしのおる 魂のふるさとは
みなが わたしの元に集い 喜々として 活動しておる
それは 本来 一人残らず辿る道である
しかしながら 忘れてしまっておる現実は いなめない

 

みなが わたしの元に集い 喜々として 活動しておる」――これは、私たちとは縁遠いどこかの世界の描写ではなく、「縄文の日本」や、歴史の一時期に東西ヨーロッパの大半を埋め尽くして今でも少なからず片鱗を残しているケルト/ドルイドの社会」、さらに世界各地に散在する「先住民族の社会」などとして現実に存在したものです。

これらはいずれも、約12000年前に最終的に崩壊した(海中に没した)アトランティス(大西洋)」および「レムリア(太平洋)」の、「善なる側面」を引き継いだ貴重な社会です。

 

20106月に、イギリスのソールスベリ平原を中心に多発しているクロップサークルに関連して、「クロップサークル・クリエータ」から送られてきたメッセージでも「アトランティスの遺産」が言及されています。

 

――こうしたパターンは、古代人の仕事によって、すでに何かの特徴を備えている場所に置かれることが多いのです。その仕事の多くは、ドルイドたちによるものです。

ドルイドがアトランティスに由来していることは、ほとんど知られていないでしょう。彼らは、別の場所に逃れて、アトランティスの知識や秘儀を守ろうとしたグループの一つです。
2010年06月07 ストーニ・リトルトン土塁

 

ちなみに「クロップサークル・クリエータ」というのは、「アークトゥルス」の宇宙同胞で、主に彼らが「地球人啓発作戦」でクロップサークル制作に関与しているとのことです。

 

そしてもちろん、「アトランティス/レムリア」の両世界で、ネガティブな勢力が実権を握るようになり、お互いの抗争によって「崩壊」に向かう前の世界では、みなが わたしの元に集い 喜々として 活動」していたわけです。したがって、「それは 本来 一人残らず辿る道である」と言われるのでしょう。

しかしながら 忘れてしまっておる現実は いなめない」と言われる、残念な状況に至った経緯の一端は、次からも読み取れます。

 

――概して人類は、人体が持つ能力を忘れてしまいました。アトランティス崩壊の一側面として、そのスキルや能力、可能性は忘れられてきました。

そして、そのことをよく知っていて、人類がそのことを思い出さないように非常に熱心に働いてきた者たちがいました。それは、ヤミの道を歩いた人々の表現の一部でした。もう一度言いますが、そのことに関して、どんな判定や裁(さば)きもありません。

それは単にこの意識状態がもたらしたもので、すでにお話したように、多くの人々がそこから学んできたのです。したがって、そのスキルを忘れてきたこともまたその一部だったのです。
創造主 アセンションと2012年を語る③

 

次のパラグラフへ進みます。

 

――わたしという 全ての親元に帰ることを
わたしは今 切に 切に 願っておる
ゆえに このブログを つうじて みなに 呼びかけておる
さまざまに 役割りを 担った者達も 伝えてくれておる

 

わたしという 全ての親元に帰ることをわたしは今 切に 切に 願っておる」――大御神さまが、このように言われる真意を、大天使メタトロンが次のように補足されています。

 

――あなたが内部で「神」とつながることで得られる力は、あなたが目標から逸れることなく進み続けるか、それとも風に揺らぐ木の葉のように、次々と生起する出来事に動揺され続けるかの、鍵になります。
(大天使メタトロン、以下同)

 

――かつてなく大きな変動と進行中のシフトの中で、最強で最も優しい「神」の恩寵が皆さんの心に注がれます。

皆さんは、「神」の両腕に保護され、皆さんを創られた存在に抱きしめられ愛されるのです。

 

――それでもまだ、何が皆さんに疑いを持たせているでしょうか、この真実を皆さんが内心に深く取り込むべき時に?

このメッセージで私は、皆さんが疑いと縁を切る手段を提供しました。これを日々の生活の中で使用し、「神」への独自の道を見出してください。そうすれば、光と愛、優美と英知、そして力と栄光の源を自らのものにできるでしょう。

 

ここで「『神』への独自の道を見出してください」と言われるのは、どのようにメッセージを受け止めて、どのように進むかについては個人差が非常に大きく、結局は各自が自分で探求し、自分で実行するしかないと判断されているのでしょう。

 

次です。

 

――新たな 時代を築くには
そなた達も おもいを 一新する必要がある
その はじめの一歩が わたしと共に歩みはじめることなのだよ
そこから 出発することが 近道なのだよ

 

新たな 時代を築くにはそなた達も おもいを 一新する必要がある」――これを受けて、私たちが実際に行うべきことは、ヨガでいう「断行、捨行、離行」の「行(ぎょう)」を、徹底的に実行することに近いのではないでしょうか。

具体的には、どの言葉()を対応させるかは任意として、「外からの情報」「外からの働きかけ」「深く考えず習慣的に行っていること」「ものの考え方」「時間の使い方」「感情」「執着」「物欲」「金銭欲」「組織やグループなど、または人間関係のしがらみ」などなど。

それだけ、この世界を生きるうちに身に付けてしまったもの、日々に曝されているものが大きいということでしょう。

しかし、それらから「卒業」しなければ、「新たな 時代」の住民にはなれない。

 

わたしと共に歩みはじめること」「そこから 出発することが 近道なのだよ」――これについても、大天使メタトロンが、次のように的確に補足されています。

 

――この内心での「神、つまり全ての栄光の根源」との繋がりは最強の錨(いかり)です。しかし、この錨は、ほとんどの人が、まだ設置できていません。

そうだからこそ私は、皆さんが、この先の月日において、「神」への信頼を強化し疑念を拭い去ることだけに、専心して過ごすことをお勧めします。
(大天使メタトロン)

 

次のパラグラフへ進みます。

 

――素直な心をもって わたしと向き合うなれば
必ずや そこに あらたな気付き
今まで 見えなかったものが浮き彫りになり
一筋の 光明が差し込むであろう

 

素直な心をもって わたしと向き合う」――これは、今回メッセージで、最も重要なキーワードのように思えます。

そして以下は、「あらたな気付き」「見えなかったものが浮き彫りになり」「一筋の 光明が差し込む」に関連する、大天使メタトロンのメッセージです。

 

――あなたの全生涯は天与の(シンクロ)(ニシ)(ティー)に満ちています。「神」の導きは、あなたが選ぶ行路や行動の一歩ごと一手ごとに与えられますが、

あなたがそれに気づくかどうかは、あなた次第です。
(大天使メタトロン、以下同)

 

――あなたが一度これを、つまり「あなたの人生での、完全にすべての出来事、すべての出会い、すべての体験は、訳があって共時的に起こっている」ことを発見すると、あなたの地球での日々は完全に新しい「質」を手にすることになるでしょう。

 

――その次の段階としては、何故これが、この出会いなどが起こったのかを探求することです。

これらの、「神」によって管理され、あなたの魂によって切望される「偶然の出来事」の、根底にたどり着き、その隠されたメッセージを解読することは、心躍る課題になるでしょう。

 

――このような生き方を通して、あなたの「大いなる全て」への信頼、そして「神」への信頼が強化されるでしょう。このようにして、あなたはこの時代から、深い認識を引き寄せることが出来ます。

 

次へ進みます。

――ただ ひたすらに わたしをみつめれば良いのだよ
わたしをみつめようと 決心をしたら良いのだよ
そして
わたしに話しかけてくれたら どれほどに嬉しいことか
わたしも そなた達の ご両親も
いつでも なんときも 変わらぬ想いで見守っておる
そのことを 忘れぬがよい

 

――自己を完全に「神」に委ね、全面的に「神」に捧げましょう

そうすれば、あなたの人生は、

巨大で素晴らしい「共時性の集合」のようになるでしょう。
(大天使メタトロン)

 

ここでは、大御神さまが、お立場上やや婉曲に優しく言われることを、大天使メタトロンが分かりやすく説明されています。「自己を完全に『神』に委ね、全面的に『神』に捧げましょう」と。

ともあれ、「決心をしたら良いのだよ」と言われるのは、この簡単な一歩だけで「すべてが変わる」ということでしょう。

そして「わたしに話しかけてくれたら どれほどに嬉しいことか」と言われるのは、ご本心そのものでしょう。私たちが、深く心するべきことと思われます。

 

(ゆうふぇみあ)

小松様 こんにちは。

 

“ 宇宙創生主 こと 天照主皇大御神 ” と銘打たれて、私共にお言葉を下さる大御神様の御心を、大天使メタトロンのメッセージと共にお伝えいただき心から感謝申し上げます。

 

重ね重ね声を掛けて下さり、励まして下さる大御神様の深い慈しみが、じんわりと心にしみて、自らを振り返る機会となりました事に感謝いたしております。

 

本当に、いつもありがとうございます。

 

【関連】

神の栄光への帰還―大天使メタトロン

 




line2
                 [以上 「ガイア・アセンション」シリーズより転載]
| 愛の経綸 | ▲ページトップに戻る
2019-06-08 (Sat)
大御神さま お言葉
                              2019年6月7日

わたしが 常に 言うよう
そなた達は わたしの愛する 大切な 吾子である

分け隔てなく 全人類のみなに わたしの眼(まなこ)は
光と共に 降り注いでおる
そうした積み重ねの中で迎える今日である

わたしのおる 魂のふるさとは
みなが わたしの元に集い 喜々として 活動しておる
それは 本来 一人残らず辿る道である
しかしながら 忘れてしまっておる現実は いなめない

わたしという 全ての親元に帰ることを
わたしは今 切に 切に 願っておる
ゆえに このブログを つうじて みなに 呼びかけておる
さまざまに 役割りを 担った者達も 伝えてくれておる

新たな 時代を築くには
そなた達も おもいを 一新する必要がある
その はじめの一歩が わたしと共に歩みはじめることなのだよ
そこから 出発することが 近道なのだよ

素直な心をもって わたしと向き合うなれば
必ずや そこに あらたな気付き
今まで 見えなかったものが浮き彫りになり
一筋の 光明が差し込むであろう

ただ ひたすらに わたしをみつめれば良いのだよ
わたしをみつめようと 決心をしたら良いのだよ
そして
わたしに話しかけてくれたら どれほどに嬉しいことか
わたしも そなた達の ご両親も
いつでも なんときも 変わらぬ想いで見守っておる
そのことを 忘れぬがよい

わたしの 愛しい 子らよ
いつまでも 変わらぬ 愛を いつくしみを
おくろう


               ――宇宙創生主 こと 天照主皇大御神







シンプルライン1

| 愛の経綸 | ▲ページトップに戻る
2019-05-23 (Thu)
こんにちは。
いつもありがとうございます。
「ガイア・アセンション」シリーズより、
宇宙融合の新生紀を迎えるに際し我が子たちへ―大御神(創造主) をご紹介いたします。

リンクはこちらになります。
   ⇒宇宙融合の新生紀を迎えるに際し我が子たちへ―大御神(創造主)

line2

(19/05.22) 宇宙融合の新生紀を迎えるに際し我が子たちへ―大御神(創造主)
(To My Children at the Start of the New Era of the Cosmos Amalgamation — the Creator)

 

(ゆうふぇみあ)
小松様 こんにちは。
いつもありがとうございます。

大御神様よりお言葉を賜りましたのでご連絡いたします。

 

愛する我が子たちへ―大御神

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

(小松)
拝見しました。

ありがとうございます。

 

これは「我が子たち」への情愛に満ちたメッセージですが、同時に、私たち地上の人類に対して大きな意識の転換を迫るものと思われます。

以下、順不同に引用させていただきます。

 

――わたしは 宇宙融合という 新生紀を迎え
宇宙創生主の名のもと
あらたなる希望をもって
わたしの造りし すべてのものとともに 歩むことを願っておる

――ひとつとして 退嬰することなき 新生宇宙にて
みなも 共に歩もうではないか

ひとつとして 退嬰することなき 新生宇宙にて」――宇宙を常に進化させ続けること、これが大御神さま(創造主)の根本方針と理解しています。「変化」の中にこそ進化があり、「停滞」は最も好まれない事柄である、と。

そして「新生宇宙」では、これまで惑星地球の地上世界で見られたような「進取と守旧のせめぎ合い」は存在しない(許されない)こと、それが「退嬰することなき」と言われる意味でしょう。

その「新生宇宙」で、「わたしの造りし すべてのものとともに 歩むことを願っておる」「みなも 共に歩もうではないか」と言われる主旨は、人類が、求められるレベルを既に達成している「進化した宇宙同胞」に仲間入りして、共に一層の進化を目指して前進しようではないか、ということと思われます。

これは、宇宙全体を満たす「すべての人間型種族」の、本来の姿である「ワンネス」に回帰することでもあるしょう。例えば次で言われるように。

 

――「ここで理解すべき、ほんとうに大切なことはね、私たちはすべて一つだということなの。宇宙全体は1つの大きな家族のようなもので、そのすべてが『神』、または異星人が言う、『一なるもの』あるいは『すべての源』の一部なの。私たちはばらばらではないわ。人間も、ゼータも、天使も、みんな一体なの。私たちはすべて、別々の進化の筋道をたどっているわけではない。ゼータは人間だったし、天使はゼータだったわ。私たちは全員が、『ワンネス』という故郷へ戻る同じ道をたどっているのよ(宇宙同胞ゼータ種族から地球に転生し覚醒した女性「アラーカ(ゼータ名)」が、地球での親友に話している場面|『アセンションものがたり()15

 

ここでの問題は、地上世界の実情に照らすと、いま人類に求められている意識の飛躍が、誰にとっても途方もなく大きなものになることでしょう。

 

ここで、当サイトに掲載してあるサナンダのメッセージの一部を引用してみます皆さんの世界に特有のパラドックスを克服して前進する道―サナンダ

 

――私たちは全員が一体!

これを言うのは易しいですが、これを受容れ納得することは簡単ではないでしょう。皆さんの「幻想世界」では、あらゆるものが分離しているように見えるからです。

あなた方の最新の物理学によって、観察できる宇宙で「完全に全てのもの」は他の全てのものと繋がっていることが、遂に発見され容認されました。

それでも皆さんの日常生活は、絶えず極度に強い分離感にさらされているはずです。

それは皆さんが、呼吸する空気や飲む水のように常に流動的で容易に混じり合うものとは違って、中に入り込むことができず統合されにくい人々、つまり一体化に抵抗する人々に囲まれているからです。

非常に深い愛のある関係では強い一体感を持つこともありますが、それでも皆さんは個別の肉体を持っています。

これには、たいへん混乱させられることでしょう。

 

次は、地球人の身体を持つゼータ種族の長老で、上記したアラーカの師でもあるマーリスが、銀河同盟の会合で講演する場面です。(『アセンションものがたり()7ゼータ長老マーリスの講演

 

私たちの意識の飛躍を妨げる要素は、私たちの内面だけでなく、私たちの社会の内部または外部にもあります。

これに関して次は、上記したアラーカが、「(自身の精神的な兄で司祭の)パコ」に話す場面です(『アセンションものがたり()17)。

 

――その通りよ!自分の中の『神としての本質』に注意を向けること。自分の自由になるエネルギーをすべて使ってそれを見つけ出すこと。そうすれば、そこに平和を見出し、自分が本来持っている力が強化されるのがわかるはずよ。この惑星と宇宙全体の人たちはひとり残らず、神つまりワンネスの本質的な一部なの。だれも隔てられたり、切り離されることはないし、ひとりぼっちでもない。でもあなたたちは、意識的に、しかも心の底からこの理解に到達しなければならないのよ。心に留めておいてほしいのは、ネガティブな勢力は、このより深い理解を阻止しようとして、あなたの気をそらし、無力にし、混乱させるためなら何でもする、ということなの。なんといっても、地球での生活は、あなたが気を許せば、気をそらすものであふれているんですものね

 

上にある「ネガティブな勢力は、このより深い理解を阻止しようとして、あなたの気をそらし、無力にし、混乱させるためなら何でもする」という彼らの、究極の目的は「奏功しない」状況になっていることが直近の高次元メッセージで伝えられています惑星地球と多くの人類は、真実の道を歩み続けています―サイババ

しかし、「なんといっても、地球での生活は、あなたが気を許せば、気をそらすものであふれているんですものね」という状況は変わらないどころか、むしろ深化しているのではないでしょうか。ここに、地上人類の大きな課題があるわけですね。

 

次は、上記したゼータ種族の長老マーリスの講演を受けて、銀河同盟の議長が同じ会場で講話する場面です。この講話に先立って議長は、聴衆の中にいたゼータ種族全員を演壇の前に集めています。(『アセンションものがたり()8銀河同盟議長の講話

 

ちなみに、アセンションものがたり(上)アセンションものがたり(下)の原文はLooking through Eyes of Wisdomです。著者のJudy Carrollは、彼女の師の勧めで「物語形式」の著作として彼女が住んでいるオーストラリアで出版していますが、宇宙の真実として伝えていることは事実そのもの、とのことです。同じ著作を後(のち)に、Human by Day, Zeta by Nightと改題してアメリカで出版しています。また、そこに至った事実を、ありのままに綴った「ノンフィクション」の著作を、彼女の親友と連名で出版しています(その親友の2人の子供たちへも、Judyと同様にゼータからの働きかけがあったのです)。こちらThe Zeta Messageです。

 

ここで、現世界つまりサナンダが言われる「幻想世界」から私たちが無事に目覚めて、大御神さまが言われる「新生宇宙」の住民になった場合を想像してみますと、そこでは「多次元宇宙での次元の隔たり」つまり「波動レベルの違い」から来る「垣根」が大幅に低くなっているのではないか、そして多種多様な存在たち、特に宇宙や地底世界の同胞たちとの交流が、日常の事として難なく行うことが出来る状況になっているのではないか、という期待があります。

それが、今回のメッセージで言われる、「宇宙融合という 新生紀を迎え宇宙創生主の名のもとあらたなる希望をもって」に込められているのではないでしょうか。

 

いずれにしても、私たちが心するべきことはこれですね。

 

――常に わたしの声に 耳を傾け ついて参るがよい
わたしが そなた達を みすてることなど決してない
それは おのれを みすてることと 同じである

 

常に わたしの声に 耳を傾け ついて参るがよい」――いま私たちが最優先で取り組むべき課題が、この言葉に凝縮されているわけですが、具体的には、以前から言われている次に尽きるのではないでしょうか。

そなたの中心におる わたしをつかむ時ぞ―創造主

 

そして次です。

 

――くり返し申すが
わたしは そなた達を 造りし 親
わたしの 血肉である
いかなる時も この真実を しかと心に刻み 忘れぬことである

 

これは、永遠に続く「魂のレベル」のことなので、地上世界での「一代限りの親子関係」とは重みが違うことを銘記したいと思います。

 

最後に、この冒頭部のメッセージです。

 

――人間が成せるわざと思いきし すべてのことは
内在する わたしの命によるもの
気付こうと 気付くまいと この原則に変わりはなし
いつ いつの 時代にても
その時々に必要なることがらは わたしが導いて参った

これについての感想には個人差がかなり大きく、一般化するのが難しいかと思いますが、個人的には思い当たることが山のようにあります。

それは何十年も前からのことです。そのほとんどが「この世の論理」や「科学的合理性」を超えたもので、近年は「異常」の程度が激しくなっています。次元間の境界が薄くなってきている、とでも言えばいいでしょうか。

意外に多くの方々がお気づきになっていて、「胸の中にしまって」おられるかもしれませんね。

 

上記した事例の中で、これに符合すると思われるケースは、銀河同盟議長の講話の中にある、銀河同盟議長の次の言葉です。

 

――そのとき、『反逆グループ』がまず、自分たちの目的のためにそのプロセスを妨害したのです。しかし、奇妙に思えるかもしれませんが、この『反対』は必要なものであり、地球の人たちが自由意志を与えられているのもそのためなのです。

私たちすべてが知っているように、『進化の階段』を上っていく進化では、選択がすべてです。つまり、なんらかの文明の中で、『善』と『悪』という2つの正反対の性質がどのような形で現れているかにかかわりなく、そのどちらかを選ぶということです。正しい選択をするか、間違った選択をするかということが、自由意志と論理的思考力の使い方を学ぶ意味なのです。

 

また、著名な経営コンサルタントの一倉 定(いちくら さだむ)さんが、約30年前に月刊誌『到知』に寄稿された、(「現代栄養学」の教えに従ったため健康を害された)ご自身の体験と探究に基づいて「塩の大切さ(減塩の誤り)」を説かれた文章の中で、このように言っておられます(同誌の記事の全体は、199710月に致知出版社より『正食と人体』として出版されています)。

 

――正食の勉強をしているうちに、人体の持つ精妙無比の生命維持機構や、驚異的な生命力-自然治癒力の偉大さを知り、そこに、嫌でも〝神″の存在を思い知らされるのである。
 神は、これほどまでに生物の生命維持に万全を期しておられるのに、その神の叡智を感謝するどころかおごりきった人間はそれに気付かず、万物の霊長などと思い込んで平気で神のご意志に逆らい、神の怒りに触れて罰を受けている。
 それが病気である。病気を、神の罰と気付かずに、浅知恵を振るって治そうとする。
治るはずがないのだ。病気を治したければ、病気になりたくなければ、神に感謝し、神のご意志に従うことである。
 寛大な神は、神のご意志に従う心さえ持てば、かなりのわがままを許してくださる。
そして健康な体を持つことができるのである。
そのためには、神の叡智を知るところから始めなければならない。
神の叡智は、精妙無比な生理に現れている。その生理を知り、わずかでもいいからそれに従うことである。

 

(ゆうふぇみあ)
小松様 こんにちは。
ご感想をありがとうございます。

 

大御神様のお言葉に込められた深い意味を、あらためて感じさせて頂き感謝いたしております。

小松様のご感想を読ませて頂きますと、視野が広がり、様々な思いをめぐらすきっかけになり、考え方に幅ができます。本当にありがとうございます。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

【関連】

宇宙融合による新生宇宙への新たな歩みを始めよう―カエセル、アダマ

「宇宙融合による新生宇宙」開始の宣言(大御神)を受けて




line2
                 [以上 「ガイア・アセンション」シリーズより転載]

| 愛の経綸 | ▲ページトップに戻る
2019-05-13 (Mon)
大御神さま お言葉
                             令和元年5月10日

いよいよ わたしの創りし テラにて 令和元年を迎えたこと まことにめでたし
ここに至ったこと 心底より 礼を申す

人間が成せるわざと思いきし すべてのことは
内在する わたしの命によるもの
気付こうと 気付くまいと この原則に変わりはなし
いつ いつの 時代にても
その時々に必要なることがらは わたしが導いて参った

そうして 今日(こんにち)があり 明日がある

わたしは 宇宙融合という 新生紀を迎え
宇宙創生主の名のもと
あらたなる希望をもって
わたしの造りし すべてのものとともに 歩むことを願っておる

ひとつとして 退嬰することなき 新生宇宙にて
みなも 共に歩もうではないか
常に わたしの声に 耳を傾け ついて参るがよい
わたしが そなた達を みすてることなど決してない
それは おのれを みすてることと 同じである

くり返し申すが
わたしは そなた達を 造りし 親
わたしの 血肉である
いかなる時も この真実を しかと心に刻み 忘れぬことである

わたしと 一体の いとしい 子らよ
愛する子らよ
そなた達のことを思うと わたしは 常に 熱いものにみたされる
いっときも 離れることなく
そなた達と共におる わたしのおもいを ここにしるした


                 ――宇宙創生主 こと 天照主皇大御神







シンプルライン1


| 愛の経綸 | ▲ページトップに戻る